The Vendee Globe Skippers & Boats.




English Original by Vendee Globe

翻訳:

白石康次郎(49歳)はバンディグローブに挑戦する初めてのアジア人です。これは海のエヴェレストの国際化に取って大事な第一歩です。彼の性格を理解するには最初に彼の艇の名前を見なければいけません。それは白石康次郎の尊敬する師匠、多田雄幸氏にちなんで命名されています。多田氏はアジアの小さい海洋レースの世界では伝説的なセーラーです。なぜなら、BOCチャレンジで彼のクラスで優勝したこの東京からやってきたヨットマンは、タクシー運転手で生計を立て、サキソフォンを吹く音楽家であり、敬虔な仏教徒であり、小説の世界から躍り出てきたような人物でした。彼は若い白石康次郎を彼の弟子に加えました。残念ながら、言い伝えられるところによると、1990~1991年のBOCチャレンジで50フィートの多田氏の「Koden8世」を襲った多くの困難(キールを失い3度転覆した)は彼を自殺に追い込みました。1991年3月31日のオーストラリアのシドニーでの出来事です。

 

白石康次郎は多田雄幸氏の若い弟子でチームの柱でした。白石康次郎は26歳の時、単独世界一周航海を完走した最も若いセーラーになりました。

また、白石康次郎が2003年のアラウンド・アローンヨットレースに、そしてさらに大変な2006年の単独世界一周(無寄港ではない)ヨットレース、ベラックス5オーシャンズに挑戦したのは多田雄幸氏への追憶です。このイベントで彼はすでに「スピリット・オブ・ユーコー」と名付けられたIMOCA艇で完走しています。彼は再び世界一周航海を118日間で成し遂げ、Bertrand Stamn に次いで2位でフィニッシュしています。ですから彼は新人というには度遠い存在です。この業績の前後に、白石康次郎はまた太平洋横断記録を求め1988年にBruno Peyron によって操船されたエキスプローラ号に乗り、そして10年後の2008年には Lionel Lemonchisに率いられたGitana 13 のクルーとしてフランス人のクルーたちを喜ばせています。

 

ですから、彼はバンディグローブにすべての大陸から参加する初めての機会をほとんど代表している、これは大変な人物だということです。彼はまた航海を完走したというだけではありません。彼のボートは2007年にファーが設計して、Alex Thomson、Sebastien Josse, そしてRoland Jourdainが操船したボートであり、それはいまもって優れたボートであり、いい成果を出す可能性を秘めています。白石康次郎は禅の成果を表し、たくさんの尊敬を集めて、最近ニューヨークバンディーレースの中で7位という地位を占めて、そのことを証明しました。

Translated by Watson Courtier as of June 25.


English Original by Vendee Globe

翻訳:

レ・サブレス出身の Jean-Francois Pellet は冒険家なのでしょうか、船乗りなのでしょうか、それとも外洋レーサーなのでしょうか? 彼はすべてに当てはまります。Jeffはその全部なのです。彼は海を愛し、すべてできる限りのレベルで彼の熱情を表現します。ある時は、ボートの回航を手伝い(特筆すべきは the Kirie Yacht のためにしたように)、ある時は、石油会社の船の士官であり、またある時は客船の士官でもあります。彼はビーチキャットで、一度は2人で操船し、一度は単独で操船し、大西洋横断を2回して有名になりました。45歳の彼はすでに20回大西洋横断レースに参加し、多くの回航クルーズを経験しています。全部合わせると、世界を4周したことになります。そのすべてが単胴艇、または多胴艇で行われました。いろいろなサイズのボートは彼の優れた腕によって操船されました。彼はまた多くの海洋レースプロジェクトに関わってきました。彼はツールドフランスの中で行われた The Mini Transat レース、Solitaire du Figaroレースとその大西洋横断艇の中で表彰台に立っています。

2つのレースの間に、彼はアメリカズカップや他のイベントでカメラマンのための案内船を操縦しています。

 

ですから、Jeffは大変に多くの距離を刻んでいます。

彼は2016年のバンディグローブに挑戦するために多くのビジネスリーダータたちの賛助を集めるために過去2年間バンディへの道を彼の小さなバイクに乗って上がったり下がったりしてきました。そうして会社の協賛を集めることによって、「Come in Vendee」を手に入れました。彼は彼の夢の実現のためなら何事も躊躇しませんでした。はっきり言うと、彼は彼のチャンスをものにするために自分の家を抵当に入れました。「私は栄光への道の上にいません。しかし、みんなは人生の中で自分は何をしたいのか考えるべきです。」Jaff が望んでいるのは彼の夢を共有するすべてのパートナーとともに無寄港世界一周レースを完走することなのです。次の11月に港を出て行く時に、おそらく彼は彼のバンディでの最後の仕事のことを考えるでしょう。2012年のスタートの時、彼は海上の安全を守る仕事について、RIB複合艇の舵を握っていました。今回は、彼は脚光を浴びます。彼は彼の後ろの「アランデル・タワー」の陰から離れ、そして水平線にボートとともに見えなくなる時、Jeffはすでに勝ったかのようにまさに誇り高く思うことができるでしょう。彼が説明するように、「バンディグローブは2つの冒険を生みます。一つは海の上で、もう一つは続く数か月間に及ぶ岸辺で起こることについて。その2つとも魅惑的なことです。」Jeffのボートはスタートラインで見つけるのは簡単です。彼女は初めて光のイルミネーションを付けているからです。Nicolas Gills によって設計された Jeff の古い60フィートのボートは、フォイルを付け、逆型の船首、そして私たちが見たいと思うすべて最新の装備を付けて、最も新型に見えるようにしています。

Translated by Watson Courtier as of June 26.


English Original by Vendee globe

翻訳:

「彼らは不可能ということを知らない。だから彼らはできる。」マーク・トウエンの言った言葉は Conrad Colman に完全に当てはまります。この若いセーラーは決めてしまいます。そして心の中にやろうとすることが浮かんだ時、彼に他のことを考えさせようとするのは困難です。これはバンディグローブのようなイベントに臨んだ時には、価値のある特色です。ニュージランド生まれの Conrado は厳しい船乗りの家庭に育ちました。インドネシアのバリを出港して、彼は人生で初めての1年を船の上で過ごしました。15歳の時、彼はアメリカに移住しました。そこで彼は、チタニウム製のバイクを作る自分の会社を作る前に、経済学を勉強しました。このアメリカでの間に、彼は経営で走り回る彼の限界を打ち破り、そして、最も高級な層の一角に収まりました。しかしながら、海は彼の日々の生活から遠ざかってしまいました。しかし、それは一瞬しか持ちませんでした。陸にいることにあきあきすると、彼はセイリングに戻っていきました。

 

彼には何の迷いもありませんでした。他のことはなげうって、衣類を詰めたバッグ一つとあるアイディアを頭に詰めて英国に戻っていきました。彼は伝統的なバンディグローブに参加したいと思っていました。彼は2008年~2009年の単独無寄港世界一周レースに参加した、イギリスのセーラー、Steave White に無償奉仕をすることを提案しました。2008年の後半に、彼はロリアンに移りました。そこに彼は今も住んでいます。他の多くのセーラーのように、彼は単独外洋レースを、the MIni Transat で開眼しました。準備のための十分な時間を費やすことなく、彼は彼の初めての大西洋横断レースを完走しました。次の年、彼は クラス40で Route du Rhum で再度挑戦するために最後の瞬間で参加しました。しかし、再びまた彼はレースを完走することをしました。

 

偉大なことを成し遂げることへの野心と自分の能力への自信から、Conrad Colman はやがてグローバル・オーシャン・レース(2名で無寄港世界一周レース)で Class 40 に移りました。彼は5レグの内4つを制し全体では優勝しました。この成功の後、彼は彼自身のIMOCAプロジェクトのためのスポンサー探しを始めました。同時に、彼は2013年の Transat Jacques Varbe と 2014年 Route du Rhum のために用意された Bertrand de Broc's の Votre Nom Autour de Monde を準備しました。やがて、彼はハンガリー人セーラー、Nandor Fa に出会いました。そして彼は、IMOCAの世界一周2人載りのバルセロナ・ワールド・レースの Fa のクルーに招かれました。この航海を通じて、彼らは多くの技術的な問題に苦しみました。しかし、彼らは頑張り続けて、110日間でフィニッシュしました。

 

もし、Conrad Coleman が外洋レースをすることが好きだとすると、それはこのスポーツが彼が人生で求めているすべてのことを一緒にしてもたらしてくれるからです。彼の夢は彼を先頭集団の中に持ち上げるに違いない4年後にまた開催されるプロジェクトの前に冒険する感じで2016~2017年バンディグローブを完走することです。それは不可能ではなく彼はおそらくうまく成功するでしょう。

 

このスタートにラインナップされるリストに含まれるために、Conrad はニューヨークーバンディ大西洋横断レースを通じて参加資格を得ました。彼は今、IMOCAのクラス規則に彼の単胴艇が適合していることを示す証明を取ることだけが必要とされています。

Translated by Watson Courtier as of July 1. 




English Original by Vendee Globe

翻訳:

自学自修の、非常に強い性格のアイルランド人、 Enda O'Coineen は明らかに2016~2017バンディグローブで人を引き付ける一人です。そしてそれだけではなく、彼はバンディグローブに参戦する初めてのアイルランド人です。その多彩な性格はアイルランド人のファイティング・スピリットと冒険心の象徴です。Enda O'Coineen はベルリンの壁が崩壊した後のかつての東欧圏で最初のビジネスネットワークを築き上げて成功したビジネスマンでした。しかし、彼はまたアイルランドの有名な船の雑誌、Afloat (http://afloat.ie/ )の製作者の一人です。青春時代に、彼は空気で膨らませたボート、今日、RIB(複合艇)として知られているボートを作った彼の上司に、その性能を証明するために大西洋横断をしています。この普通ではない性格の多くの側面の中に、私たちは、Enda O'Coineen がクラッシックヨットに乗る数百人の若い星たちを毎年育てている大西洋青年財団と、アイリッシュパブの国際連盟のそれぞれ委員長を務めていることを付け加えることができます。

 

2015年に、Enda O'Coineen は、IMOCA艇でセント・バース - ポート・ラ・フォレット大西洋横断レースで第3位に入賞して、みんなを驚かせました。アイルランド人が優れたセーラーであり世界の外洋ヨットレースで無名からは程遠い存在であることは明らかです。特に、彼は同一設計されたボート、Maxis に乗って航海しました。彼はアイルランドのプロジェクトの1987年のワイトブレッド世界一周レースの実際は陰の立役者でした。彼はまた20年後のボルボ・オーシャンレースのグリーン・ドラゴン・プロジェクトを裏で導いた一人でした。彼は故郷アイルランドの港町コナハトのガルウエイと、そこをボルボ・オーシャン・レースのフニッシュを迎える主催地にするために厳しい交渉をしました。このバンディグローブでは、彼は初めて完全に世界一周をする航海をしたいと思っています。彼はそのことを成し遂げるために大変に優れたボートを持っています。

Translated by Watson Courtier as of July 1.



普通、チャンスがあっても、Solitaire du Figaro レース(毎年フランス沿岸で夏に行われる4ステージ単独レース)で3回も優勝することはなかなかできません。Jeremie Beyouは彼の血の中に海水が流れています。そして、優勝することへの本当の決意を持っています。彼が子供の時、彼を教えるBruno Jourdren と一緒に(Armel Le Cleac'hとYann Eliesも一緒に) Morlaix(モルレー)湾(フランス、ブルタニュー、フィニステール県にある)で初めてのセーリングをして以来、この冷血漢は困難を乗り越え、決して、決して、ギブアップしませんでした。彼は頂点で失敗してもすぐに立ち直る信じられない才能を持っています。単胴艇でも双胴艇でも操るのが大変に困難なTransat Jacques Vabre レースで Jean-Pierre Dickと一緒に優勝しました。そして、IMOCA艇で前回の Route du Rhum レースで2位でフィニッシュしました。そして、彼は外科手術をしたばかりだったのですが、本当にわずかの差で2015年のSolitaire レースで優勝をのがしました。彼の意欲ははっきりしています。

 

陸では魅力的な優しい人ですが、海の上では本当の戦う人間です。Jeremie は2005年レ・サーブル・ド・オロヌに近い、Port Bourgenay で頭角を現しました。その時、彼は、歴史に残る戦いだった、Michel Desjoyeauxと戦った、恐ろしいレグのあった、サマ-クラッシックで初めての優勝を飾っていました。Mich'Desj'はその時、Beyouに打ち負かされたのは誇りだ、と宣言しました。

 

ひどい天候でもそうでなくても気楽に、Jeremie Beyouは全ての場所で彼のスキルを発揮します。天候の専門家と優れた技術者です。まれに見る戦略家で、彼は、過去2回の大会で損傷して残酷にも棄権せざるを得なくなった、バンディグローブでの復活を目標にしています。彼の成績の一覧を見ると、彼が本命の一人だということがわかります。このボートは、2013年の大会で2位でフィニッシュしたArmel Le Cleac'hが乗った艇で、表彰台への行き方を知っています。Jeremie はこの艇をおそらくトップで持って帰るために最善を尽くすでしょう。

翻訳:Watson Courtier as of Oct.27 2016.


もともとはヴェルサイユ生まれで、ブルターニュに家を建てて以来、Tangy de Lamotteは、特にFirst Class8で比較的古典的なセーリングの経験を積む前に、初めてのセーリング旅行に彼の祖父と一緒にサンマロの周辺に出かけました。彼はボートと海は冒険の一種だと理解しました。そしてその気持ちは、彼が本物の挑戦者になった今日でも残っています。後に、彼はツール・ド・フランスのセーリングレースで単胴艇(JOD35とM30s)で、多くのことを学びました。

 

他の偉大なセーラー達と同じく、Tanguy de Lamotteもまたサザンプトンで資格を取ったボートデザイナーです。彼は、2000年の大会で、Ellen MacArthurをプロフェッショナルとして手助けしていた時に、バンディグローブを知りました。それから幅広く大型の単胴艇や小型の単胴艇のことに没頭しました。技術的な側面に熱心で、Tanguyはまた自分のボートを作ることでよく知られています。特にミニ6.50と自分が乗って最初のSolidaire du Chocolat レースで優勝したClass40を作ります。

 

前回のバンディグローブで、彼は世間が言う優勝候補の一人でした。なぜなら、彼は、世界の心臓に障害を持つ子供達のためのMecenat Chirurgie Cardiaque チャリティを支援して、世の中の役に立つセーリングをしていたからです。また、彼は優れたコミュニケーション能力を持ち、彼のビデオを見ると、だれもが感情を吐露し、抱腹絶倒させることができたということも影響しました。しかしまた、Tanguy はエアーギターのチャンピオンよりもっと上手です。彼のバンディグローブでの2番目の企画は、彼はすでに主な変更がなされて、試めされ、テストもされたボートに変更してセーリングをしようと思っています。(元Akena VerandasかかつてのPRB)。彼は彼のセーリング能力を必ず示したいと思っています。彼は2015年のTransat Jacques Vabre レースに、バンディグローブの別のスター、イギリスのセーラー、Samantha Daviesと一緒に参加しました。彼のバンディグローブでの目標は84日以内で世界一周航海をすることです。それは、Desjoyeauxが乗って2009年大会で作った記録です。それは彼の新しいInitiatives-Coeur号の同型艇です。それは野心的な目標ですができるでしょう。

翻訳:Watson Courtier as of Oct.27 2016.


もし数単語で彼を表すとしたら、Vincent Riou は最高の何でも屋と呼ぶことができます。彼は何事もどのようにすればいいのか知っているセーラーです。設計、開発、そしてボートの良好な調整、優れた気象分析、しかしまた、トップクラスの技術者であり確固とした能力のあるレーサーです。言ってみれば、ベレトンの万能スイス陸軍ナイフのようなセーリングです。

 

今も妻と子供たちと一緒に住んでいる、子供時代からのSWブルターニュの小さな村Loctudy出身の、Vincent Riouは海への熱い情熱を受け継いでいます。「恐るべきVincent」が最も幸せなのは海の上でなんでも浮いているもの、子供時代のディンギーから単胴艇、忘れられないFigaroレーサー、それと大型のIMOCA艇と競争をしている時なのです。

 

2000年に、彼はMichel Desjoyeauxのために優勝するボートを準備しました。4年後、バンディ県をベースにした会社PRBが彼に大学教授の助言に基づいて舵を取らないかと持ちかけました。Vincent は、普通ではあり得ないケープ岬でリードしていなかったにもかかわらず、目覚ましい成績をあげ優勝しました。岩礁で彼の前にいて優勝を逃したのはJean Le Camでした。王者JeanはVincentが彼に付けたあだ名です。このことは2008年の大会に尾を引きました。Jeanはホーン岬で転覆しました、そして誰がこの恐るべき状況で彼を助けたのでしょうか?もちろんVincentでした!レース審判はこの劇的な救助の後、3位と同じ順位の賞を彼に与えました。最終的にこの男たち2人は2013年のTransat Jacques Varbe レースで一緒に帆走し優勝しました。Vincentは、深くIMOCAクラスに関わった(バンディグローブ艇のためのルールを整備する)唯一人の挑戦者であり、前回の優勝者です。彼はその中にただ楽しみむためだけにいるわけではありません。今回彼は、Mich Desj’がただ一人成し遂げたバンディグローブで2回優勝するという偉業を成して、Desjoyeauxの足跡をたどりたいと思っているのです。

Vincentは昨年、彼のよく整備されたPRBに乗って、あらゆるレースで優勝しました。特にTransat Jacques Vabre レースは顕著です。IMOCAクラスをリードする4つの輝く光(4回目の参加ということ)、彼は戦う男です。

翻訳:Watson Courtier as of Oct. 28 2016.



ここに若者がいます。彼はかのFrncois Gabart の成功の道を歩もうとしています(前回MACIF号で優勝した)。彼は30歳になる前に最初のバンディグローブに参加して優勝するかもしれません。GabartのようにLagraviereは勝つために設計された新世代のボートで世界一周レースに出港しようとしています。Gabartと同じくSAFRAN号のスキッパーはデインギーの段階を省いて、やがてオリンピック・セーリングレース、少し前に今までになく成功したフィガロレース、そして大変にきびしいSolitaire レースに参加、そこで3シーズンに2回優勝しました。

 

沖合のブイを回るのが簡単なように、2013年の選定プロセスでMarc Guillemot (2012-2013年大会で前のSAFRAN号に乗って棄権した)に取って代わるLagraviereの申請が処理されるのは簡単でした。外洋レースの主要人物で若いスターの幾人かが引き付けられて求めた地位でした。それはMorganでした。彼は仕事を取り、そして新SAFRANの操舵を行うことになりました。この大好きな素晴らしいスポーツへの夢は現実のものになったのです。彼はほとんどの時間を海の上で過ごしました。キベロン湾でパラサーファリング、またはJ80、フォイラー・モス(水中翼付き小型双胴ヨット)でのレース、パッドリング、またはウインドサーフィンで彼の姿を見ない日はありませんでした。彼がやったように一つの船から他の船に変わることはすべてにまさっています。なぜなら、楽しめるだけではなく同時に色々なボートを使うことで技術が向上するからです。もちろんIMOCA60艇も含め手です。

 

このセーラーにとってアッという間に色々なことすべてが起こりました。レユニオン島(インド洋マダガスカルの東のフランス領の島)生まれで、17歳の時、スポーツとセーリングの勉強をしてプロになるために島を離れることに、彼は何の躊躇もありませんでした。前回のバンディグローブを引っ張った二人、Francois Gabart や Armel Le Cleac'h と違い、Morgan Lagraviere は技術者として教育さてていませんでした。彼は彼の科学的な知識の欠如を認識しています、そしてセーリング時には感覚と直感によって物事を進めています。しかし、彼のリラックスした様子からはなんのミスもないように見えます。それは彼が何も気にしてないかのようにおそらく思わせるでしょう。Morganは非常に几帳面な仕事をします。実際に、IMOCAの世界では新参者の彼は、彼の艇の今回のバンディグローブのための修理箇所を見つけつつあります。彼がレ・サーブル・ド・オロヌでの2016年11月6日のスタートラインに完璧な状態でいることは間違いありません。彼に取ってこんな冒険はめったにありません。彼は陸では非常に打ち解けやすく、快活ですが、Lagraviereは海の上では殺し屋になります。彼は先頭集団にいるつもりで出航するでしょう。

Marc Guillemot(前回の大会で前のSAFRANで棄権している)の会社と一緒に彼のプロジェクトを進めてきたあと、Morganは今、Kairos、Roland Jourdainのチームと一緒に引き続き作業をしています。(Kairosはバンディグローブに参加したことのあるフランス人セーラーRoland Jourdainが経営するヨットプロジェクト運営会社)

2人のバンディグローブの英雄が連続して師匠としています。それは前途有望のように響きます。

 

翻訳:Watson Courtier as of Oct. 28 2016.


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com


Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com

Name

 

Position

XXXXX / XX XX XX

name@email.com