3rd challenge for Vendee Globe:Kito de Pavant.

Kito de Pavant の3回目の挑戦。前2回はスタートすぐに棄権。


バンディグローブのエピソードは何か? がタイトルです。

私たちは南フランスの、カマルグでKito de Pavant (Bastide Otio号のスキッパー)に会いました。彼はこの大会で、さらに3回目のスタートラインに立とうと決心しています。そこで私たちが見たものは、今まで決して見せたことのない彼でした。さて、過去数週間に遡って最も新しいニュースを大急ぎで見てみましょう。

 

NEWS

Armel Le Cleac'h の新しい単胴艇が6月9日、ブルターニュのポートラフォーレで進水しました。

Banque Populaire Ⅷ号を駆って、Armel は3回連続のバンディグローブに挑戦しようとしています。最初の重要なテストがこの秋やってきます。それはTransat Jacques Vabre レースで、そこで彼はErwan Tabarly と競争することになります。セーラーでジャーナリストのFabrice Amedeo は過去3回のシーズンを通じて彼のクラス/・0 で彼が何ができるのか示しました。彼はバンディグローブのレースで彼の望みを決して隠しません。彼はこの目標を達成することをさせてくれるパートナーを見つけなければなりません。この冒険への最後の契約が終わったのは、なんとこの前のRoute du Rhum レースの直後でした、そしてMatmut号は最近私たちに合流しました。いずれにせよ、私たちは言いました、私たちはそこに行くんだ!今、私たちは最終的に言うことができます:来年バンディグローブで競争しているのは確実だ。

1998年に建造された60フィート艇、前のGartmore号の新しいオーナー、Sebastien Destremauはバンディグローブに登録した13番目のセーラーになりました。将来の大会で、彼は私たちに彼のまったく普通ではないFace Oceanと呼ばれたプロジェクトについて話すでしょう。

私たちはTanguy De Lamotteは映画のフアンで映画界も又彼を好きだということを知っています。フランス人の俳優、Dany BoonはまさにこのInitiatives Coeur号のスキッパーと一緒に艇に乗りに行きました。二日間のセーリングの後、この海で夜を過ごした二人の男は、Mecenat Chirurgie Cardiaque 慈善事業を支援することを明らかにしました。あなたが思う通り、二人はこれらの時を一緒に楽しみました。

 

KITO DE PAVANT

Grau- de-Roiからすぐのポート・カマルクで、Kito de Pavant はDiam24を検査しています。それは彼がツール・ド・フランス。セーリングレースで競争する艇です。彼はしばらく他のより大きなボートを待たなければなりません。それは彼が次のバンディグローブに参加することを可能にする艇です。このレースは彼につきまといます。それは取りついて離れません。2012年のバンディグローブの3日間に戻ってみましょう。

「そこを返り見れば、全くの過ちだった。漁船はAISになかった。私は寝ていた。私は10分間寝てしまった。そして漁船と衝突したのだ。2012年のバンディグローブはそこで終わった。私に取って、Groupe Bel号に取って、そしてこの冒険を支えてくれたすべての人に取って終わった。愚かな、愚かな事故だった。」

「Kitoさん、どうやってこの失意を克服しましたか?2008年のあなたの初めてのバンディグローブを思い出すと、あなたの艇はスターと2日でマストを折りました。」

「それはいい質問だ。物事がすぐ終わることが2回あった。何事だろうかと、2012年―2013年大会の時、そのことについて十分考えた。私は自分に問いかけた、私にはさらに価値があるだろうか、と。新しいプロジェクトの機会が向こうからやってきた時、それははっきりとした。私はいまだに、この世界を周る航海に行きたい、やりたい、と思っていることが。」

「バンディグローブは何を実際にあなたにしてくれましたか?どのようにして、あなたは参加することにかかる多大なエネルギーを費やすことを正当化しましたか?」

「バンディグローブには何かがある。それを説明できない、しかし、あなたが、2回スタートして、このような感情が高ぶる瞬間を経験をしたら、あなたもこれらの人々と同じ感覚になるだろう。冒険が始まる、それは予想もしない扱いにくいものだ。そして、私はバンディグローブの冒険を完走できていないという、気持ちを持っている。私はそれをやり終えてこれらの人々と再び会わなければならない。それがレ・サーブル・ド・オロヌという所の雰囲気なのです。もしあなたが世界一周レースを完走したならば、私はそれをうらやましがり、そしてその感覚をなくすことが難しいとわかるでしょう。」

 

Vendee Globe  Les Sables d'Olonne

L'Espiquette

カマルク、地球上の天国。そこで、ほぼ30年間、Kitoはビーチ・アテンダント(監視員)をL'Espiquetteでしていました。些細な政治的な理由で彼はそのすべてを失いました。しかし。この場所は彼に思い出を残しています。

「この魅惑的な場所に来るのが許されないのは、私に取って辛い時間です。それは未だに厳しく、フラストレーションを感じます。」

「あなたは実際には、この地域からやってきたのではないのですか?」

「違う、違う、私はDordogneで生まれた。厳密に言うと、セント・パラドックス・ラ・リビエラだ。私はここポート・カマルクに11歳の時にやってきた。そして、まったく海から離れたことがない。」

「ここでセーリングを学んだのですか?」

「そうだ。私は50mの長さのドルドーニュの小さな湖で始めた。6、7歳の頃だったと思う。しかし、本格的にセーリングを始めたのは、ここポート・カマルクにだ。ポート・カマルクに来たのなら、初めての旅はLa Grande Motte に行き、それからSeteに行くべきだ。それから、地中海を横断する前にBalearicsに行きたまえ。そして、それがどうして君がバンディグローブに参加するのをやめることができるかの答えだ。」

「しかし、その前に、あなたはFigaro classを発見した。」

「そうだ、Grau-du-roi の漁師のおかげだ、実際。」

「最初、私はFigaro-Beneteauでセ-リングしていた。それはフィッシャーメンス・チャレンジ・レースの中でだった。」

それは1999年、3年後KitoはSolitaire du Figaroレースで優勝した。それはいかに彼が物事ののみ込みがいいか、そして彼の強みがベールを脱ぎました。

「私は、それがあなたの経歴の最もエキサイティングな部分の一つだと思うのです。」

「私はそのSolitaire du Figaro で優勝するとは正直思っていなかった。私は自分が優勝者だとは理解できなかった。そして自分自身で驚いた。その時、おそらく他の人よりも良くなりたかったと思う。スポーツではいつもこの瞬間が優雅なのだ。」

フィニッシュ時、彼は、

「これは信じられない。信じられない。単にあり得ない。私の後に有名な人達がいる。もし、誰かがBoulogneでスタートする時、Figaroレースで私が優勝するだろうと私に言っていたら、君は月に5~10分時計を進めていただろう、それは全くありえない!」とインテ―ビューで答えています。

 

「私が経験したCherhourgでの2002年のある信じがたい感動は事実だ。これは大変な離れ業だ!私の心を打った。私は優勝するとは思ってもいなかった、だからそれは本当に強い感動だった。そして、私は圧倒された。」

 

BINCENTBAZIL

「精細なセーラーは誰にも魅力的です。それが私たちのKito なのです。もしあなたが彼の周りの出来事を一度聞けば、彼が他の人とどこか違っているとわかります。Kitoは私の考えではこの世界では普通ではない人間です。人々は彼を好きです。なぜなら、彼は南から来た。私は仕事で誰をも知っているわけではありません。しかし、彼のような人が数千人いるとは思いません。彼の目標に向かってプロジェクトを走らせるために、南からきた男はまったく素敵なボートを購入しました。他の南の人Jean-Pierre Dickがそれに乗って、86日で前回のバンディグローブを完走した艇です。4位でフィニシュしました。しかし、Kitoは誰よりもわかっています。彼は長い道のりを行かなければなりません。乗り越えなければならない障害がたくさんあります。そして私たちはいかにたくさんのことを彼らがするのかまだわかってはいません。私はそれらを乗り越えることを希望しています。」

 

「それらすべては、レ・サーブル・ド・オロヌからのスタートに備えて、18か月のうちに十分に準備した。そして最後に乗り越える大事なことがある、それはあなたがバンディグローブのレースコースを見つけることだ。誰しもがそれらが漠然と知っている。私は、ただものすごくよく知っている。」

 

「それではKiito、インタビューは終わりです。」

「あえて嬉しい、よかった。天気もいいしすべてが完璧だ。この地方ではめずらしい!」

「また会いましょう。おそらくブルターニュで。あなたのボートで。」

「もちろんだ。さよなら」

 

翻訳:Watson Courtier

as of Nov.6 2016.